--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.21    カテゴリ:  鉄道 

   リニア新幹線の経済性

 リニア中央新幹線に対し、投資を回収できるのか?との疑念が
リニア反対派(疑問派)の人々から表明されています。

 この人達はJR東海の株主なのでしょうか? 株主ならば、
心配するのは理解できます。


 でも、リニア反対派(疑問派)の人達から 株価低下に関する
懸念が出ていない 
所をみると、この人達は株主ではなさそうです。

 だったら、投資の回収云々は 「よけいなお世話」 もイイとこ。

 リニア中央新幹線はJALの路線とは違って、政府に押し付けられた
ものではありません。

 投資に関しては、JR東海の経営陣が判断すれば良いのです。

 文句をいいたいのなら、大株主にでも なってからです。

 反対派が色々言うのは、JR東海の経営が心配なのではなく、
反対世論を盛り上げたい からでしょう。

 建設資金は電力会社のように社債の発行だと思います。

 JR東海の2010年3月に発行されたアニュアルレポート
(http://company.jr-central.co.jp/ir/annualreport/_pdf/annualreport2010.pdf)
 によれば、

 2010年3月時に於いて、自己資本 1兆円、
              長期債務 3.1兆円
              昨年度経常利益 1500億円

 です。

 リーマンショックでトヨタさえ赤字なのにしっかり稼いでます。

また、長期債務も10年前に比べ、約35%減っています。
まあ、長期債務の大きな減少は 金利の低下に負う部分が大きいでしょう。

 逆にいうと、金利の低い現在が、金を借りるチャンスでも有ります。

 また、公共事業の縮小で、建設会社は リニアの工事を受注したくて しかたが
ないハズで、安く発注できる環境にあります。

 造るなら 今だ! というJR東海の経営判断は理解できますね。

 それから、一番肝心な事は、東海道新幹線の乗客が1991年以来ほぼ横ばい
だという事。 「失われた20年」をよく表しています。 そして2006年から
やっと上向いてきたのにリーマンショックで元通りになってしまいました。

 そこで、JR東海が目をつけたのが、飛行機の利用客。 東京ー大阪間の移動で
飛行機のシェアは18%だそうです。

  これをそっくり頂いてしまおうとの魂胆ですね。
 その為にはリニアの500km/h が必要です。


 また、一般の会社の経営者からみると、社員が出張する時の移動時間は、全く
無駄なコストになります。 

 それで、一般社員の賃率は 1~3円/秒 ですから、1時間では
 3600円~10800円 のコストと計算されます。

 だから、「のぞみ」との運賃差が 1000~2000円程度なら、会社の
経営者は迷わず「リニアを使え」と出張者に命じるでしょう。 

 タイム イズ マネー なのです。

 
 <結論>
まあ、税金を使わないで工事を行うのだから、景気浮揚にも役立つし、
JR東海の経営判断を尊重すればヨロシ。



<おまけ>

 どこかの「大学教授」が テレビか新聞記事で「新幹線の乗車率が 10%落ちた」とかいうニュースを
 最近耳にしたらしく、「だからリニアはやめた方が良い」 とネットに発信していましたが、この人
 明らかにJR東海のアニュアルレポートすら見ずにしゃべっていますね。 お粗末です。 

 これで、教授が務まるとは、学生もなめられたもの。 支払った授業料に対するリターンを
 しっかり確保するために、学生にはこんな教授をやめさせるぐらいの迫力が欲しいね。

 草食系ばかりで無理か? でも、肉食系もいないと、社会環境が歪むと思います。
 
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 深層&真相探検 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。