--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.03    カテゴリ:  時事 

   過度応答にご用心

 私は学生時代に「過度応答(現象)」なるモノを学んだ事がある。

 物理での過度応答とは、例えば、流れの速い川に 流れを遮るように、
一枚の板をポンと入れる時に見られる現象だ。

 板を入れた瞬間、川の水がその板の上方に大きく跳ねる上がるが、
しばらくすると、跳ね上がる高さがグッと小さくなり、落ち着いた
流れになる。

 この、最初の跳ね上がりから落ち着く迄の様子を「過度応答」と
呼んでいる。
 
 過度応答の細かな数式は記憶の彼方だが、現在の色々な社会現象を
見るにつけこの言葉を思い出す。

 身近な例が 株価。 株価の日々動きを見ると、上がったり
下がったりしているが、急激に上がった場合は、必ずと言って
良いほど、急上昇を引き戻そうとする動きが出てくる。

 そして、グッと引き戻されるのだが、有る程度下がると、また
上昇するような動きが出てくる。

 このように上に行きすぎる現象を「オーバーシュート」と呼び、
逆に下に行き過ぎる現象を「アンダーシュート」と呼んでいる。
 
 株価の急激な変化の際に見られる現象は まさに過度応答その
ものだ。

 つまり、人間社会に於いても急激な変化には、その反作用がつき
ものだと言うこと。



 最近見られる「過度応答」に 『郵政民営化』 を挙げたい。

 ご存じの様に、小泉・竹中改革で決まった民営化を、亀井静香
引き戻そうとしている。

 これは、百年以上の伝統を持つ「郵便局」を普通の会社にしようと
した事への強い反発だ。

 まあ、亀井静香の動きは「過度応答」の一種で、ある意味「必然」
とも思える。


 しかし、多くの人が元の状態が良いとは思っていないハズだから、
亀井静香の希望が叶えられたとしても、それを再び小泉・竹中改革
の方向へ戻そうとする力が働いてくると思う。

 
 そして、適当な所に落ち着く だろう。 慌てる必要はない。


 さて、歴史を振り返ると、明治維新時の急激な制度変更に対し、
維新をリードした士族が反乱を起こしたのも、一種の過度現象。 

 明治3年に始まった、廃仏毀釈運動なんかも完全なオーバーシュート
現象といえる。 

 今から見れば、1000年以上も続いた神仏習合の歴史・伝統を
無視したバカげた運動だが、当時は大まじめ。 損害を受けた文化財や
失業した僧侶はあまただった。



 また、太平洋戦争(大東亜戦争)後の急進的な社会主義・共産主義運動
一種のオーバーシュート現象といえる。 

 押さえ込まれていた思想が、急激な開放によって、大きくはじけたから。

 ソ連や北朝鮮を理想社会とする ような現象は明らかにオーバーシュート
だったと言えよう。

 
 いまだに、社会主義の呪縛に囚われている人達がいるが、年を取ると考えの
転換が困難なのだろう。 「四十にして惑わず。」 という事かな?


まあ、オウム真理教の信者が まだまだ大勢いることを考えれば、
不思議ではないが。


 人はこのような過度応答に幻惑されがちだが、落ち着いた社会を
実現する為には、過度現象を見抜く眼力が必要だ。

 こんな事を考えた 正月の一日・・・・

2011.01.01    カテゴリ:  日記 

   一年の計

謹賀新年

「一年の計は元旦に有り」、と昔から言われているが、

我が家の元旦は毎年、毎年同じパターン。 『 計 』などトント

意識した事がない。 良いのか悪いのか ・・・


11時頃 おせちを食べ、お屠蘇を飲み、新聞を読んだりして

ダラダラ過ごすという感じ。 ただ、正月にダラダラをする為には

30日、31日が忙しいのだが・・・・


以前は正月の支度が面倒だと思い、旅行に出かけた事もあったが、

旅先の事など殆ど記憶に残っていない。 なぜだろう?


やはり、「おせち」と雑煮をたっぷり食べないと 正月気分にならない

から かもしれない。  


 あとは、近場の神社へ行っておみくじを引くのも毎年恒例。 

去年は確か、 「中吉」 、一昨年は 「大吉」 だったと記憶している。


 はたして今年は・・・

2010.12.29    カテゴリ:  時事 

   ことしの漢字

 日本漢字能力検定協会が発表した今年の漢字は「暑」。 
 確かに今年は暑かった。

 私は「」を押す。 この字、「移る・変わる」という意味もあれば、
「ころぶ」といった意味もある。

 <転換したこと>

   1.小・鳩政権から、仙・菅政権へ ・・・ 年中行事ではあるが・・・
   2.日米=日中 から 日米>日中へ・・・ 元に戻っただけ
   3.昨年度の民主党の選挙公約すべて ・・・ 埋蔵金枯渇。始めから無理
   4.八ッ場(やんば)ダムを止めるのをヤメタ ・・・ 後戻りできない現実
   5.公明党の民主政権へのにじり寄り ・・・ 権力の味が忘れられない


 <ころんだ人々>

   1.民主党政権 ・・・ 支持率右肩下がり ・・・ まさに転落
   2.鳩山由紀夫 ・・・ 米国紙からルーピー呼ばわれ。1年もたず。
   3.小沢一郎  ・・・ 起訴待ち    ・・・ 多くの人が怪しいと思っている
   4.検察庁   ・・・ もう、詐欺師を捕まえられない ・・・ 特捜部解散か?
   5.相撲協会  ・・・ 不祥事多すぎ。 理事長就任は 「ビンボーくじ」か?
   6.JAL   ・・・ 大晦日に整理解雇発表とか ・・・ 傷口に塩はイカン 

 民主党はここまできたら、「ころんでも、タダでは起きない」根性を見せたらどうか。

 自民党政権時代には、「しがらみ」 によって出来なかったことを するのが、
 唯一 期待されていた事。 それを忘れてはいけない。







2010.12.27    カテゴリ:  鉄道 

   リニア新幹線の振動・騒音

 1997年の山梨日々新聞の記事によると、リニア実験線の
近くの住人から 下記のような苦情が出たそうな。

 以下、引用。

『 時速四百一キロを達成した九月三十日前後。 高川山トンネル近くの
  集落の瀬木(六世帯)住民から、苦情が出始めたという。

  瀬木の住民らによると、リニアがトンネル内に進入するとき、まずズシンと
  重い音がし、数秒後に振動が起きるという。複数の住民は振動について
  「震度2ぐらいの地震のような揺れ」と説明する。

  高川トンネルから 約五十メートル離れた地点に住む主婦(55)は
  「立っているとふらついたり、ガラスがガタガタ揺れ、まるで地震のようだ。
  音も地響きみたいで、我慢できない」と打ち明ける。 』

  引用終わり。

 これは放置できません。 当然、対策が必要だが、どこまでやる必要が
 あるか?

 まずは、環境基準をチェックした。

 環境基本法に新幹線の騒音リミットが規定されているので、リニアもそれに
準拠かと思う。

 <規定>
  I  住居用地域: 70デシベル以下
  II 商工業地域: 75デシベル以下
  
  測定条件: 午前6時から午後12時まで、列車本数20本以上の沿線、
        地上高1.2mで測定

 ただし、この規定は新幹線の「現実」を考え、在来線等に比べ、
 かなり緩和された基準になっている。

 ちなみに在来線(新線)の騒音対策指針は以下の通り。

     60デシベル以下(昼)、50デシベル以下 (夜)
     ただし、住居用地域では一層の低減に努めること。
  
     測定位置: 線路中央からの水平距離12.5m、地上高1.2m



 なお、道路については次のような基準が環境基本法で決まっている。参考まで。

 I  療養施設等がある地域:  50デシベル以下(昼)、40デシベル以下 (夜)
 II  住居用地域     :  55デシベル以下(昼)、45デシベル以下 (夜)
 III 商工業地域     :  60デシベル以下(昼)、50デシベル以下 (夜)

(注)1.昼間:午前6時~午後10時、夜間:午後10時~翌日午前6時
   2.2車線以上の道路については、IIの地域が 5~10bB、緩和される。
   3.2車線以上の道路については、IIIの地域が 5bB、緩和される。



 新幹線の基準をみると、在来線や道路に比べ、ずいぶん甘い。 

 鉄道総研のレポート等を読むと、実際には上限の 75デシベルを
 クリアするのが精一杯のようだ。


  新幹線の場合、その騒音源は主に、車輪とレールの接触による音(転動音)、
 パンタグラフが架線をこする音、そして「空力音」がある。

 「空力音」とは、野球のバットを思いっきり振った時、「ビュン」という
 音がする。 それがまさに「空力音」。

  リニアの場合は、車輪とパンタグラフがないから、騒音源は主に「空力音」
 になる。


 新幹線の場合は、この「空力音」が全体の 約1/3を占めるようだ。
 75デシベルの1/3で 25デシベル分を占めることになる。

 この「空力音」は列車速度の6~8乗で、大きくなるとの事。 すると
 250km/h → 500km/h に速度が上がると 
 速度が2倍なので、2の6乗~8乗 大きくなる計算。

 これを数式に当てはめると、36~48デシベルの増加

 よって、リニアの空力音は 61~73デシベルぐらい と予想される。

 ただし、空力音は車体に凸凹があると大幅に増えるので、設計次第
 という感じ。 飛行機のような、ツルッとした表面が望ましい
 だろう。

 その他の騒音源としては、車内用エアコンのモータ音とか、側壁コイルに
通電した時のコイルの唸り音や側壁の振動音とか、車内用の電源にガス
タービンを使ったり場合はそのタービンの回転音あたりが騒音源になりそう。

 こうしてみると、新幹線なみの75デシベルに押さえるのが、いっぱい
いっぱい
のような気がする。

 先にも書いたが、新幹線はかなり甘い基準を適応しているので、それに
甘えるような事では、21世紀の乗り物としては、不十分だ。

 少なくとも、在来線と同じレベル(最大60デシベル)にすべきだ。

 次に、トンネルに突入した際の音と振動だが、JR東海や鉄道総研は恐らく、
 想定の範囲内だったと思う。

 その理由は、既に新幹線で経験した事と、類似しているから。

 よって、対策方法も有る程度、出来上がっていると推察する。

 要は夜店の射的で使う空気鉄砲の発する音と同じ原理で、列車の
 前面でトンネル内の空気が圧縮され、パルス状の圧縮波がまるで、
「カメハメ波」の様に音速でトンネル出口から、放出される。

 これが、「ドーン」という音と共に家屋の窓などを揺らす。

 この圧縮波の事を、JRでは「トンネル微気圧波」と呼んでいる
 ようだ。

 JR東海は、この「トンネル微気圧波」を減らすため、リニアの
トンネルの開口部を新幹線よりも約30%広げたとのこと。

 恐らく、風洞実験によりトンネル開口部の面積を決めたと思われるが、
トンネル開口部を広げると それだけ工事費がかさむので、多分、
必要最小限の大きさと思われる? 

 本当にそれで大丈夫かどうかは、実際にリニアを走らせてみないと
判らない。

 勿論、先頭車両の形状も大きく影響する。

 兎も角、「トンネル微気圧波」による音と振動は人の感知限界以下に
することが、必須。
 要、注目だね。


   
 さて、最後に残ったのは 車内の振動と騒音。

 まあ、これは「飛行機並」で良いんじゃないでしょうか?

 リニアは地上を飛ぶ飛行機だからね。




<訂正>
  新幹線の「空力音」のところで、1/3と書くべき所を
  30%と書いてしまったので、本文を訂正した。(2カ所)
  失礼しました。 (12/29)

 




にほんブログ村 鉄道ブログ リニアモーターカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

2010.12.26    カテゴリ:  時事 

   さかなクン くにます 発見!

 でかした、さかなクン。

 陛下も喜ぶ、大発見!

 東京海洋大学 客員准教授だったんだね。 知らなんだ。

 「黄金伝説」の姿は”仮”の姿だったか。


 で、東京海洋大学って、最初は 東海大学 かと勘違い

 してしまった。 でも、略すと「東海大」・・・・

 どんな大学かと調べてみると、 平成15年に

  東京商船大学と東京水産大学が統合されたんだね。

 これも、知らなんだ。

 でも、伝統有る国立大学。


 あの、帽子をかぶって、講義するのかな?

 是非、そうしてほしいな。(^^) 









Copyright © 深層&真相探検 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。